編集者になるために

キーボード

雑誌や単行本の編集者を目指して転職する場合は、履歴書に工夫を行うと採用されやすくなるメリットがあります。その工夫とは、自分の能力をわかりやすく記述する事です。なぜなら編集者の仕事とは、記事の材料となる写真や原稿を読者が読みやすく、そして理解しやすいように編集し、記事化する事だからです。履歴書にも他人に読ませる物を書くセンスや配慮が現れるため、この段階で評価が決まりやすい傾向にあるのです。これは、出版社などに努めた経歴がない人の転職においては特に重要な要素です。つまり、例えばアウトドアのスペシャリストがアウトドア雑誌の編集者への転職を希望している場合であっても、アウトドアの深い知識や豊富な経験を持っているだけでは、採用される可能性が高いとは言い切れないのです。

ここ数年は出版業界への転職希望者は現象傾向にあり、編集者の数も減ってきています。そのため時間やコストをかけて新卒の若手を育てるよりも、即戦力となる中途採用がトレンドとなっています。例えば人材を募集している雑誌が釣りに関する雑誌であれば、まずは釣具店への勤務経験があったり、釣具メーカーのフィールドテスター並みの知識や経験を有している事が前提条件となります。なぜなら編集職に関してはOJTも可能ですが、それ以外の知識に関してOJTを行うには相当な時間やコストが必要であり、むしろ現役の編集者よりも深い知識を持っている事が望ましいからです。こいうった知識や経験に加えて、出版社への勤務経験があったり、編集職の経験がある人材であれば、採用される確立はかなり高いと言えます。